構造体強度補正値で実際の気温が外れたらどうなる?

<構造体強度補正値で実際の気温が外れたらどうなる?>

「設計基準強度」に「構造体強度補正値」を加えて,「呼び強度」とします。その「構造体強度補正値」が3または6kN/mmであることは〈構造体強度補正値〉で解説したとおりです。

構造体強度補正値の標準は3ですが,6にしなければならないのは次の場合です。

○ コンクリートの打ち込みから材齢28日までの期間の予想平均気温が8度未満の場合(6.3.2(1)(ii))

○ 日平均気温の平年値が25度を超える期間にコンクリートを打設する場合(6.12.2(e))

したがって,3にするか6にするかは,気温の平年値(過去の記録の平均値)で決まります。

ならば,その年が暖冬だったり厳冬だったりしたらどうなるのでしょうか

打設した1日目から28日目までの平均気温が平年値(過去の記録の平均値)で判断して+3でよかったのだとしても,打設した年がたまたま厳冬で気温が低く,基準値未満になってしまったということはあるでしょう。予想と現実とのずれは,制度上やむを得ないことですし,28日後,91日後に強度が出ればいいことなのだと思います。

個人的な意見ですが,「今年の冬は厳冬予報だから,+3でいいところを+6にしておこう」とする必要はないと思います。強度が出ればいいのですから,28日目で出なかったとしても,91日目には出ているはずです。

逆に,暖冬予報の場合も,「平年値では+6にすべきだが,今年は暖冬だから+3でいいことにしよう」というのは,暖冬予報がそこまでの信頼性はないと考えますので,まずいでしょう。

一方で,夏時期は打設する当日が25度を超えるかどうかですから,平年値よりも天気予報の予想気温の方が正確だったりします。前日の予報でかなり正確に予想することが可能になってきています。

個人的な意見ですが,平年値と天気予報の予想気温がずれている場合は,天気予報を優先してもいいと考えています。ただし,天気予報は,予想最高気温と予想最低気温が出るだけですから,平均気温に置き換える算出式は必要になりますし,外れた場合の責任の所在も考えておく必要はあります。

「外れた場合の責任の所在」というと,「やっぱり平年値でやっておこう」と思われるかもしれませんが,平年値でやっておきさえすれば外れても責任が生じないなどということはないはずです。このページでは責任の取り方は考えないことにしますが,外れないためのよりよい方法として翌日の気温予測(天気予報)は,平年値よりも優れている場合が生じうると思っています。


さて,このページのタイトルは「実際の気温が外れたらどうなる?」です。予測するしかない以上,気温の結果が外れることはやむを得ないことと考えます。気温が外れても,28日後または91日後に強度が出ればいいのです。

次の問題として,気温が外れ,さらに強度も出なかったらどうなるのか,というのがありますね。現場にいて「強度が適正に出た」という結果報告にはいつも安堵しますが,「出なかった」となれば大問題です。その場合にどうなるのかは,恐ろしくて想像したくありませんし,私のような末端の技術者ではわかりません。



PAGETOP