溶接構造用圧延鋼材

<溶接構造用圧延鋼材>

実は,近年では,建築分野で使われる鋼材の主流は,SS400以外のものに移りつつあります。ここからはSS400と比較しながらそれ以外の鋼材を解説します。

最初は,溶接構造用圧延鋼材です。これはJISG3106で規定されています。SS400よりも溶接性を高めたものです。鋼材の「種類の記号」には,SM400A,SM400B,SM400C,SM490A,SM490B,SM490C,SM490YA,SM490YB,SM520B,SM520C,SM570があります。

SS400との違いは,まず
化学成分の上限として,リンと硫黄のみではなく,炭素,ケイ素,マグネシウムを規定しているこ。
溶接割れ感受性組成を規定していること。
などです。

伸びは,SS400よりも若干だけ大きくなっています。また,末尾がBとCについてはシャルピー吸収エネルギーを規定しています。

 種類の記号 シャルピー吸収エネルギー(J)
SM400B,SM490B,SM490YB,SM520B  27以上
SM400C,SM490C,SM520C,SM570  47以上

形状,寸法,質量及びその許容差は,SS400と同じ。ただし,JISG3191が適用されていないので,鋼棒とバーインコイルがありません。


PAGETOP