左官

<左官>

左官について解説します。左官という職業は奈良時代ごろからあったのだと思います。赤土に藁をまぜて壁に塗り込んで土壁を作って,漆喰を塗るという建築工事の大切な仕事のひとつです。現在でもそうした伝統的な土壁づくりは受け継がれていますが,国の公共建築工事標準仕様書の左官の中には,土壁や漆喰塗りは含まれていません。

国の公共建築工事標準仕様書で左官に規定されているのは,次の7種です。

  1. モルタル塗り
  2. 床コンクリート直均し仕上げ
  3. (床の)セルフレベリング材塗り
  4. 仕上塗材仕上げ
  5. マスチック塗材塗り
  6. せっこうプラスター塗り
  7. ロックウール吹付け

「仕上塗材仕上げ」は,一般名称で「リシン」と呼ばれるものや「吹付けタイル」と呼ばれるものなどで,コンクリート建物の外壁の仕上げに一般的に使われるものです。圧縮空気で霧吹きのように吹付けて施工しますので,「塗装」に分類されるものと勘違いしやすいですが,「左官」に分類されます。なぜ「仕上塗材仕上げ」が「左官」に分類されるのかはわかりませんが,想像するに,吹付けるものが砂などの固体だからでしょう。

「マスチック塗材塗り」も「塗装」ではないのかと思われますが,ハンドローラーで塗るので「左官」に分類されているのでしょう。

左官に含まれる上記の7種類のそれぞれがどのような工法なのかは,なかなか複雑です。

モルタル塗りの解説はこちらです。〈モルタル塗り


補足説明

国の「標準仕様書」の複層塗材Eなどの下地調整に「下地調整塗材C-2」などの用語があります。同仕様書にはそれが何であるかの定義が書いてありませんが,JISA6916です。

関連情報
ALCパネル
亜鉛めっき
アルミニウム製建具
板ガラス
防水(シーリング以外)
防水(シーリング)
タ イ ル
左 官
塗 装


このページの公開年月日:2014年11月17日

PAGETOP