壁紙を貼った仕上げの不燃・準不燃

<壁紙を貼った仕上げの不燃・準不燃>

基準法の制限の中に,内装を不燃材料または準不燃材料で仕上げなければならないという規定があります。

不燃材料とは例えば,コンクリート,煉瓦,厚さ12ミリ以上の石膏ボードなどが告示で指定されています。

これらでや部屋の壁の内側を仕上げれば内装不燃制限を満たしたことになりますが,コンクリートの壁の表面に壁紙を貼ったものが内装不燃制限を満たしているかどうかは,別のことになります。

かつては,「基材同等」という考え方があって,認定番号で「0001」から「0005」が与えられて不燃材の壁面に貼っても不燃材の性能を落とさない壁紙を指定していました。この「基材同等」の認定は今ではなくなっています。

今は,壁紙自体を不燃材,準不燃材として登録しています。「不燃壁紙」などと呼ばれています。

この「不燃壁紙」という言い方で誤解している人がいます。「不燃壁紙なのだから壁紙自体が不燃材なのだろう」と。つまり,「合板(ベニヤ板)に不燃壁紙を貼れば不燃仕上げになる」と考え人がいますが,間違いです。

壁紙で不燃材,準不燃材として認定されているのは,不燃材の壁,準不燃材の壁に貼ることの条件が付されています。

不燃壁紙,準不燃壁紙の認定番号の例は,次の通りです。

メーカー 認定番号
不燃壁紙 ㈱サンゲツ NM-9960
準不燃壁紙 ㈱サンゲツ QM-9416




関係リンク

壁紙と内装制限については,「日本壁装協会」のHPが分かりやすいです。

構造方法の関連情報
各主要構造部の構造方法(耐火構造・防火構造・不燃材など)

耐火構造と準耐火構造の違い

防火設備の構造方法

屋根の構造方法(類焼防止性能・屋根不燃)

屋根の類焼防止性能・屋根不燃の適用事例・考え方の整理

構造方法等の個別認定(耐火構造・防火構造・不燃材など)



このページの公開年月日:2017年2月5日