鉄筋の許容応力度等

<鉄筋の許容応力度等>

異形棒鋼(鉄筋)の許容応力度は,建築基準法施行令第90条及びH12告示第2464号で定められています。SD490だけは例外で,根拠はH13告示第1024号です。

異形棒鋼(鉄筋)の許容応力度,材料強度は鉄筋の種類ごとに次のとおりです。

鉄筋の許容応力度表

許容応力度は,上記のように断面積あたりで表すものですが,鉄筋の場合,1本あたりに換算しなおした方が便利です。

下表に,鉄筋1本当たりの許容応力度,材料強度を入れます。

鉄筋1本あたりの許容軸力表

※これまで(2015年1月時点),1本あたりの許容値に換算しなおしたものを公開したものは,意外なことですがあまりなかったように思います。

参考:鉄筋のヤング係数=205000N/mm