釘(JISA5508)

<釘>

釘はJISA5508で品質が規定されています。
釘の種類としては,
鉄丸くぎ → 記号:N
めっき鉄丸くぎ → 記号:NZ
太目鉄丸くぎ → 記号:CN
めっき太目鉄丸くぎ → 記号:CNZ
溶融亜鉛めっき太目鉄丸くぎ → 記号:ZN
細め鉄丸くぎ → 記号:BN
せっこうボード用くぎ → 記号:GN,GNS
シージングボード用くぎ → 記号:SN
があります。
鉄丸くぎが,木工事でもっとも一般的に使われる普通のくぎで,頭の表面が網目状の模様になっていてネジ加工などがされていないものです。釘は指定建築材料ではありませんから,建築基準法第37条で品質が規定されたりはしませんが,建築基準法施行令第46条に基づく告示で構造用合板などを止めつける釘については品質や長さなどが規定されています。構造用合板の止めつけは,N50であることが規定されています。
「N50」の「50」は釘の長さです。


関連情報
木材の特性と品質

各種ボード類
繊維板
接合具及び接合金物

接着剤
新材料・直交集成板(CLT)
登録認定機関と登録認定工場

木材の樹種の選択と品質の選択

木材品質などについての建築基準法上の規定
公共建築工事標準仕様書による規定



このページの公開年月日:2015年4月23日