WordPress奮戦記3

1月はじめぐらいにやっとほとんどのページの移行が終わった。

そろそろバックアップを撮ろう!

WordPressは予期せぬクラッシュがあるようで,「WordPressのアップデートの前には ,バックアップをとりましょう」と推奨されている。アップデート画面にはバックアップを撮る方法の解説もリンクされているからそれを見てバックアップするのだが,phpMyAdminというプラグインを使った方法が説明されていて,そのとおりにすればいいのではあるが,プラグインの知識やデータベースの知識のない私にできるものではなかった。

何かないものかと過去のフォーラムを見ていたら,WordPressの機能の中に「エクスポート」があって,エクスポートで固定ページを取り出して,写真データはフォルダーにあるものをコピーしておく方法があることが分かった。

試行錯誤しながらではあるが,この方法でバックアップを撮った。

概略だけ,バックアップの仕組みを解説しておくと,

エクスポートで取り出せるのは,データベースに保管されているもののみ。データベースにはホームページのほとんどの情報が含まれていて,例えば,それぞれのページの文書の部分,その文書につけたHTMLタグが含まれている。これをXMLファイルに変換してパソコン上に取り出すことができる。

データベースにないものが,JPEGやPDFなどの添付ファイルである。これはFFFTPで取り出す。これらの添付ファイルは,wp-contentのuploadの中に入っているので,全部取り出す。

復元するときはその逆で、xmlをWordPressの機能の「インポート」でデータベースに復元し,jpgなどのファイルをもとのフォルダーに送り込む。これで復元できる。写真がつながってメニューなども復元できていた。

この方法で注意しなければいけないのは,ワードプレス自体やテーマやテーマに加えた設定などは復元されないことである。

もしも,完全に消えてなくなってしまった場合,ワードプレスとテーマをインストールしてから上記で復元して,そして,テーマに加えた独自の設定をする必要がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください