WordPress奮戦記8<旧アドレスから新アドレスへのコピー>

WordPress奮戦記8<旧アドレスから新アドレスへのコピー>

新規にレンタルサーバを契約して新しいアドレスを取得しましたので,旧アドレスにあるHPをコピーして移転させました。

まず,新アドレスで,データベースを設定して,WordPressをインストールしたら,「建築士の必要知識」というタイトルがあるだけのページが表示されました。ここから複数ある固定ページや固定ページに張り付けている写真などのデータをコピーして移転させることが問題です。

次のような手順で行いました。

<1 データベースをエクスポート>

WordPressで作ったHPは動的HPと言って,アドレスのところにあるファイルは「index.php」であり,ページ内に書かれている文書はデータベース内にあってそれを必要に応じて取り出してその都度ページを作っています。したがって,HP内の本文はWordPressのエクスポート機能を使って取り出さなければいけません。

旧アドレスのWordPressの「ツール」→「エクスポート」で「すべてのコンテンツ」を選択して「ファイルをダウンロード」します。

ダウンロードしたファイルは,XML形式になっていますから,エディッタで中身を見ることができます。

<2 データベースをインポート>

新アドレスのWordPressの「ツール」→「インポート」で「WordPress」の「今すぐインストール」でプラグインをインストールしてからもう一度「ツール」→「インポート」で実行してさきほどダウンロードしたファイルを指定すると新アドレスにコピーしてくれます。

<3 トップページを指定する>

WordPressの「外観」→「カスタマイズ」→「固定フロントページ」でトップページを指定する。また,「Hollow World」などのWordPressの初期ページがありますからこれを削除します。

これで,一応,HPの文書部がコピーできました。ブログなどのページへは新アドレスのページへ飛ぶようになっています。

でも,ページの文書内で別のページにリンクさせるように設定したものは,旧アドレスへ飛ぶようになっています。この変更は<5>で解説します。

<4 添付ファイルのコピー>

HPの写真などの貼付ファイルはそのアドレスのフォルダー内にあります。これをFFFTPなどのファイルトランスポートプログラムを使ってコピーして新アドレスへ同じフォルダーを作ってコピーします。

これで,新アドレスのHPで写真などが貼付できたかと言うと,実は,旧アドレスの写真をリンクしているだけで,新しいところの写真を読み込んでいるわけではありません。この変更も<5>で解説します。

<5 リンク先の変更>

エクスポートしてインポートすることで新しいドレスにコピーしてできたHPはブログなどのWordPressのもともとある機能でのリンクはちゃんとつながっていますが,固定ページ内で設定したリンクは,もとのページへリンクするだけで,新しいアドレス内のページには飛んでくれません。添付している写真も同様です。

これを,固定ページを「編集」で開いて1か所ずつ手作業でリンクを切り替えるなんてことは,効率が悪いです。

どうするかというと,<2>でエクスポートしたXMLファイルをエディッタで開いて,固定ページ内に記されているリンク先を置換しておきます。そうしてからインポートすれば,リンク先が新しいアドレスになっています。

「abc.ne.jp」を「def.com」に変える場合,「一括置換」で変えるのは危険です。それは変えていいものと変えていけないものがあるからです。私は1か所ずつ目で確認しながら置換しました。

これが新アドレスへの移転の概要です。

その他には,「パーマリンクの設定変更」「ヘッダー画像の設定」「ロゴの設定」「ヘッダーメニュー・フッターメニューの設定」などがありますから,手作業で設定していく必要があります。

これで,新アドレスでの新HPができました。

HPのバックアップ>で記載した方法でバックアップしていることが役に立ちました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください